上越市 自己破産 弁護士 司法書士

上越市に住んでいる人が借金・債務整理の相談するならどこがいい?

借金の利子が高い

借金の額が多すぎて返済がつらい…。
多重債務で首が回らないので、債務整理したい…。
もしそう思うなら、できるだけ早く司法書士・弁護士に相談を。
司法書士・弁護士が探してくれる解決策で、返済額が減ったり、督促が止まったり、などいろいろな恩恵を受けられる可能性があります。
今ではネットで無料相談ができる法律事務所や法務事務所も複数あります。
ここではそれらの中で、上越市に対応している、お勧めの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
また、上越市にある他の法律事務所や法務事務所もいくつか紹介しているので、それらも参考にしてみてください。
借金の問題は、一人だけで解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知識・知恵を借りて、解決の道を探しましょう!

自己破産・借金の相談を上越市の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

上越市の借金返済や多重債務問題の相談なら、この事務所がおすすめです。
弁護士対応で、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円だから、手持ちがなくても安心です。
弁護士代金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
弁護士への相談料金はもちろん無料!
借金の督促をSTOPすることも可能。
個人再生、任意整理、自己破産、過払い金、など、借金のことを無料で相談できます。。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話代金0円)で相談を受け付けてくれるので、お金に困っている人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、債務や過払いの問題を相談できる法務事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に合った方法で借金や多重債務の問題を解決に導きます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などを一切取らないので、安く解決することができます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人でも安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談を。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国に対応している司法書士事務所なので上越市の方も相談OKです。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を6回も映画館に観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の料金は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう配慮も徹底してくれます。
借金返済の問題は、ひとりで悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



上越市周辺の他の法律事務所や法務事務所紹介

他にも上越市には司法書士や弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●上越つばき法律事務所
新潟県上越市 3丁目2-24
025-527-2757
http://joetsu-tsubaki.jp

●馬場秀幸法律事務所
新潟県上越市大手町7-1
025-521-0533
http://baba-law.jp

●池田智士司法書士事務所
新潟県上越市大豆1丁目4-1 メゾンモデスト 1F
025-521-0750

●宮沢正雄法律事務所
新潟県上越市西城町2丁目10-25
025-522-8633

●吉村信幸司法書士事務所
新潟県上越市木田1丁目6-6
025-525-8504

●山田耕司司法書士事務所
新潟県上越市南城町2丁目3-29
025-522-2014

●横尾義一司法書士事務所
新潟県上越市木田1丁目16-10
025-525-8204

●青山直栄司法書士事務所
新潟県上越市中央5丁目6-16
025-544-8710

●船崎法律事務所
新潟県上越市 鴨島1-230-1 ニューサンテオフィスA号室
025-520-7155
http://funazaki-law.jp

●高橋幸知法律事務所
新潟県上越市大学前83
025-526-5640

●牧口隆男司法書士事務所
新潟県上越市昭和町2丁目4-10
025-524-7270

●宮越芳信司法書士事務所
新潟県上越市大手町8-8
025-524-4179

●八田賢司司法書士事務所
新潟県上越市木田2丁目10-23
025-522-3986

●吉川直行司法書士事務所
新潟県上越市西本町1丁目7-25
025-543-7533

●佐藤法律事務所
新潟県上越市本町4丁目3-16
025-522-9459

●岩野秀人司法書士
新潟県上越市木田2丁目15-9
025-522-0947

●森直樹法律事務所
新潟県上越市春日野1丁目3-15
025-526-5828

●長谷川進法律事務所
新潟県上越市大和1丁目7-8
025-523-1515

●上越総合事務所(弁護士法人)筒井信隆法律事務
新潟県上越市南城町1丁目12-3
025-522-5700

上越市にある地元の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、心理的に相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

借金の返済問題に上越市在住で悩んでいる場合

キャッシング会社やクレジットカード会社等からの借入れ金で悩んでいる方は、きっと高い利子に悩んでいるのではないでしょうか。
借金をしてしまったのは自分なので、自己責任だからしょうがないでしょう。
しかし、複数のクレジットカード業者やキャッシング会社からお金を借りていると、額が大きくなり、とてもじゃないけど完済するのは難しくなってしまうでしょう。
月ごとの返済だと利子しかし払えていない、というような状況の人もいると思います。
こうなると、自分一人で借金をキレイにすることはほぼ無理と言っていいでしょう。
債務整理をするため、司法書士・弁護士に相談すべきです。
どうしたら今ある借金をキレイにできるか、借金を減額できるのか、過払い金は発生していないのか、等、弁護士・司法書士の知識を貸してもらいましょう。
借金の問題の解決は、相談することから始まります。

上越市/債務整理のデメリットって?|自己破産

債務整理にも色々な手口があり、任意で金融業者と話しする任意整理と、裁判所を介した法的整理である自己破産、個人再生などのジャンルが有ります。
じゃあこれ等の手続について債務整理デメリットという点があるでしょうか。
これ等の三つに同じように言える債務整理デメリットといえば、信用情報にそれらの手続きをやったことが載るという点です。言うなればブラック・リストというふうな状態に陥るのです。
だとすると、ほぼ5年〜7年程度の間、カードが作れなかったりまた借金ができない状態になるのです。だけど、貴方は返すのに日々苦しんでこれ等の手続きを実施するわけですから、しばらくは借金しないほうが良いのじゃないでしょうか。
カードに依存し過ぎている方は、逆に言えば借入れが出来ない状態なることで出来ない状態になる事により救われると思います。
次に個人再生・自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこれ等の手続をやったことが記載されてしまう点が挙げられるでしょう。しかしながら、あなたは官報等視たことが有るでしょうか。むしろ、「官報ってどんな物?」といった人の方が多数いるのではないでしょうか。
現に、官報は国が作成する新聞に似たようなものですが、ローン会社などの極わずかな方しか目にしてません。だから、「破産の実態が近所の人に広まる」などという心配事はまず絶対にありません。
最後に、破産独特の債務整理の不利な点ですが、一度破産すると七年間は2度と破産はできません。そこは十分留意して、二度と自己破産しなくても済む様に心がけましょう。

上越市|個人再生の依頼は弁護士か司法書士か/自己破産

個人再生をやるときには、司法書士と弁護士に依頼をすることが可能です。
先ず、司法書士に個人再生の手続をお願いした場合は、書類作成代理人として手続きをやっていただくことが出来ます。
手続を実施する時には、専門的な書類をつくってから裁判所に出すことになるのですけれども、この手続を任せると言う事ができますので、面倒な手続を行う必要がないのです。
とはいえ、司法書士の場合、手続きの代行業務は出来るのですけど、代理人じゃないので裁判所に行った時に本人に代わり裁判官に返事をする事ができないのです。
手続きをしていく中で、裁判官からの質問をされたとき、自分で答えなければいけないのです。なりません。一方弁護士の場合、書類の代行手続きだけではなくて、裁判所に行ったときに本人に代わり受答えをしていただくことが可能です。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続に精通している情況になるから、質問にも適格に答えることができるし手続がスムーズに行われる様になります。
司法書士でも手続きを進める事はできますが、個人再生につきまして面倒を感じるような事なく手続を行いたい時に、弁護士にお願いしたほうが安堵することが出来るでしょう。