木の飾り

多汗症

多汗症に興味があり、多汗症について更に学びたいと思っている方や、何をすればいいのか困っている方にぴったりの知識を解説します。

木の飾り

多汗症の治療方法について

多汗症

多汗症がコンプレックスになっている人は少なくないようですが、治療は可能でしょうか。
世の中では、多汗症に対する認知度は今一つのようです。
多汗症は、当人にとっては日常生活が難しくなるくらいのつらい悩みです。
多汗症は治らないと思っている人も多いようですが、原因を突き止めて正しい治療を続ければ治らないものではありません。
多汗症というのは2つある汗腺のうち、エクリン腺から分泌される汗が必要以上に出てしまう症状です。
全身に起こるものを全身性多汗症、脇の下や手のひらなどに起こるものが局所性多汗症です。
どうして多汗症の症状が起きるのか、まだ不明な点がありますが、どうやら精神面と関係しているようです。
メンタル面にプラスして色々な要因が重なり、多汗症という症状になって表れていると言われています。
どのような場合でも、自分の多汗症がどういった症状なのかを観察し、適切な治療をすることが大事だといいます。
ストレスや緊張、内臓的な疾患、ホルモンバランスの崩れ、更年期、遺伝、食生活や肥満などが主な原因だと考えられています。
自分自身の生活習慣などを見直して、何が多汗症の原因となっているのか考えてみましょう。
生活を見直した上で専門医に相談し適切な治療を受ける事が、多汗症を治すために大切な事ではないでしょうか。

自宅で出来る多汗症の治療方法

多汗症

発汗量が桁外れに多い多汗症を治療したい人は大勢いますが、多汗症の治療とは、一体どういったものなのでしょう。
多汗症は手術で症状を緩和することができるといいます。
ですが、手術に踏み切る前に、自然塩浴と冷水水浴びをしてみることをおすすめします。
副作用の心配もなく、手術のように費用がかさむこともありませんし、手軽にできる多汗症対策といえます。
自然塩はミネラル成分がたくさん含まれている塩で、スーパーに行けば1キロ300円ほどで販売されています。
自然塩浴の方法ですが、湯船に自然塩を入れるのではありません。
自然塩を直接か海水ほどに薄めて体に塗っていきます。
ぬる時間や濃度などはお好みになります。
湯船に汗ばむくらいにゆっくりとつかります。
湯船から出たら、自然塩を体全体にきっちりとすり込んでいきます。
自然塩をまぶし終わったらシャワーでその塩を洗い流し、お風呂に入り直します。
体を十分に温めてから、仕上げに冷水シャワーを行います。
この間、石けんやシャンプーは使いません。
多汗症治療としては非常に簡単なものですが、注意事項としては、一時的に湿疹や吹き出物が出ることがあるということです。
強力なデトックス効果があるので、好転反応で湿疹が出るのです。
しばらく我慢して続けることによって、肌は強くなるといいます。
多汗症に悩んでいる人は自然塩浴と冷水浴びという治療方法を一度試してみてはいかがでしょうか。

手術による多汗症の治療

多汗症の治療のために手術を受けるという人がいます。
様々な方法で多汗症に対する対策を講じても症状が緩和しないという場合は、思い切って手術での治療を決断するのも1つの方法です。
多汗症の治療を目的とした手術には色々なやり方があります。
最もよく知られるのがボトックス注射です。
筋肉や神経の伝達をブロックするボツリヌス菌という医薬品を使用して交感神経をブロックし汗腺の動きを抑えるというものです。
多汗症の手術の中でも手軽にできるのがボトックス注所の特徴で、治療痕もほとんど残りません。
治療時間も短く術後の痛みもほとんどありません。
デメリットとしては効果には個人差があり、効果の持続期間も数か月から1年と短いことがあげられます。
夏場の汗をかく量を減らしたいという人や、結婚式に出席する時に多汗症の対策を取りたいという時など、時期を区切った対策に向いているようです。
手のひらの多汗症手術として効果があると言われているのが、交感神経を切除するというやり方です。
全身麻酔をかけた上で、脇の下数ミリの部分にメスを入れ、スコープを入れて胸部交感神経を切除します。
この手術をすれば、手のひらの多汗症を治療することができます。
手のひらは直りますが、欠点として、背中や腹などの他の部位に多汗が現れる代償性多汗になってしまう副作用もあります。
主治医よく相談してから、交感神経切除手術は受けるようにしましょう。
多汗症の治療法で手術によるものは他にもいろいろありますが、本当に手術が必要なのかよく考えてから決めるようにしましょう。

多汗症の手術をする方法について

汗がたくさん出るだけの症状が多汗症だと考えている人がいますが、多汗症は手術を考えている人もいます。
改善する為には手術をしなければならない事もある病気でもあります。
手術の話をする前に多汗症について少し詳しく説明しましょう。
なぜ多汗症になるかは、体質や環境によって異なっています。
人間の体には汗を分泌する汗腺があります。
汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺がありますが、多汗症はエクリン汗腺から分泌されます。
全身に症状が現れる全身性多汗症、手のひらや足の裏、わきの下などの部分だけに起こる局所性多汗症があります。
局所多汗症が、多汗症の症状の中では多いと言われています。
手術や治療は、何をするものでしょう。
手術を受けることが、多汗症の唯一の打開策だと考えている人はいるといいます。
実際のところ多汗症の手術というのは最終手段であり、他にもいろいろな治療方法もあります。
多汗症の治療には、ストレスの軽減が重要な位置づけをされています。
そのため、心身療法という、ストレス面からの改善方法もあります。
汗をかくきっかけになる食べ物が決まっているという人は、食事療法による治療も行います。
ホルモン過剰によって多汗症が発症するケースもあり、その場合はホルモン治療なども効果があります。
多汗症の手術をするのは、原因に対応した治療法を試してみても効果が得られない場合です。

多汗症をレーザー手術により治療する

最近は、多汗症の手術として用いられているものにレーザーを使った手術が存在します。
レーザー手術はメスを使わずに、レーザーを使って、汗が出る汗線に直接照射して焼き切る方法です。
手術の時間が短く、その日のうちに帰れるため、軽い気持ちで手術が受けられます。
メスを使わずに手術を受けることができるので、手術痕が残らないのも利点とされています。
人に知られずに多汗症の治療を済ます事ができます。
人によっては仕事などの都合で、入院できないと言う人もいると思います。
時間に制約があるという人でも、多汗症のレーザー手術ならば受けることが可能です。
少ない危険性で手術が受けられることも、多汗症のレーザー手術の大きな魅力です。
安心して受ける事ができる点も利用者が増えている理由のひとつでしょう。
ゴムで皮膚をはじいた時のようなパチッという軽い痛みが、従来のレーザー手術ではあるといいました。
痛みに敏感な人のために、麻酔を使って痛みを感じないようにしてからレーザー手術を受けられるようにもなっています。
あえてデメリットをあげるとすると、美容外科クリニック等で多汗症の手術を受ける時、保険適応外になる事が多く費用が少し高めになる点です。
多汗症の手術といっても、医療機関によって保険が使えるところと、使えないところがある場合もありますので、入念にチェックしておくことが大事です。

多汗症には吸引法という手術を

吸引法は、多汗症手術の一つとして行われているものです。
吸引法という多汗症の手術は名前の通りです。
わきの下の部分に数ミリの穴を開けて細い管を通します。
エクリン汗腺やアポクリン汗腺のよな汗を出す部分を吸引法で取り除き、汗をかかないようにするという手術です。
エステで受けることができる脂肪吸引のイメージと大差ないものだと思っていいようです。
多汗症の手術ですが、傷跡は数ミリの穴を開けた箇所だけですみますから、ほとんどわからないぐらいの小さなものですみます。
汗を分泌する汗腺を、穴を開けて挿入した管から吸い取って、多汗症の手術は行われます。
汗腺のある辺りの細胞を見当をつけて除去する手術なので、多汗症の手術に吸引法を使った場合、汗腺が部分的に患部に残ることがあるといいます。
多汗症手術の吸引法の場合手術をする医師の技術によるところが大きいようです。
経験が豊富な医師がそろっている病院などを調べる必要があります。
より丁寧に汗腺を取り除く方法としては、切開法があります。
わきの下5センチ程度にメスを入れ、汗腺をじかにチェックしながら除去します。
切開法は手術後にワキ部分を固定しなければならなかったり、血腫を起こしたり、皮膚が壊死するリスクなどがあるようです。
幾つかの手術方法が多汗症の手術にはありますので、どの手術方法がどんな特長があるかなどを踏まえながら、適切な手術を選びましょう。

手術をしない多汗症の治療方法

多汗症が長年のコンプレックスだという人は少なくないようですが、手術をせずに多汗症の治療は可能なのでしょうか。
多汗症を治療したいと思ったらまず皮膚科にかかりましょう。
皮膚科で多汗症の状態を調べてもらうことが大切です。
まずは手術以外の方法で多汗症を改善するようにしていきます。
手術はできれば避けたいものです。
多汗症の患部に塩化アルミニウム液を塗りつけ、汗腺から汗が分泌されないようにするという手法があります。
塩化アルミニウムの塗布が可能なのは手のひらや脇の下などで、傷のある部分、粘膜の近くは、塗ることは認められていません。
汗をかかないようにするために、汗の出るところに電気を通すイオンフォーレシスというやり方も知られています。
まずは、水道粋に多汗症の部分をひたし、そこに電流を通します。
効果が出るまでに最低でも2週間ほどかかりますので、忍耐強く継続することが必要です。
1週間に数度行う治療であり、中断するといずれ症状が出てくるといいます。
日本国内では、手術以外の多汗症の治療方法はそれほど多くはありませんが、近年では家庭用の器機も通信販売で買えるようになっています。
交感神経の働きを抑えることで、発汗作用を抑制するという内服薬を、多汗症の治療に使うこともあります。
手術以外の方法で多汗症を治療したいという人は、医師にその旨を述べてみるといいでしょう。

多汗症手術の方法について

多汗症で困っている人は大勢いますが、多汗症の手術では、一体どういった施術が行われているのでしをょう。
手術はあくまでも多汗症治療の最後の手段ですが、しっかりと治療したい人は手術も検討してみる価値があります。
ボツリヌストキシンという薬を注入することによって多汗症の症状を抑えるボトックス注射は、皮膚を切ったり縫ったりしなくてもいい手術です。
短時間で施術可能であり、施術後間をおかずに普段どおりの生活に復帰できます。
副作用のリスクも少ないことも嬉しい点です。
ボトックス注射は、軽い気持ちで利用することができますが、3カ月から1年くらいで元通りになってしまいます。
ETSという手術で、手のひらの多汗症の症状が抑えられます。
大量発汗の原因となる交感神経を切除したり、焼却することによって、多汗症の症状を抑制します。
ETSは脇の下に数ミリの穴をあけ、内視鏡を入れ映像で確認しながら交感神経の束を見つけて切断するそうです。
手術によってつく傷はそれほど大きくなく、30分程度であれば終わり、入院も必要ありません。
ETSは保険が使える手術なので、3割の自己負担額で済みます。
多汗症は、手術を受けたために副作用が出たという人もいますので、手術をすべきかよく検討する必要があります。
多汗症の手術に、脇の下の汗腺を取り除いて発汗を防ぐというものがあります。
もしも多汗症の手術をすることになったならば、体の部位や多汗症の程度に応じて、適切な方法を見極めることです。

多汗症の手術をする時の注意点

手術は、他の方法でも効果が出なかった時の多汗症の対策方法です。
多汗症手術をうける場合にはどんなことに気を付けたら良いのでしょうか。
本来の治療効果とは異なる結果が、多汗症の手術ではあるかもしれません。
カウンセリング等でしっかり説明をしてもらってから手術をしてください。
どんな治療があり、後遺症の可能性は何があるか、納得づくで多汗症の治療を受けることが大事です。
手術によって多汗症を治療したことで、皮膚が腫れ上がる場合があります。
腫れを引かせるための手術をすることもあると言われています。
手術で多汗症を治療したところ、色素沈着ができたりもします。
皮膚がもともと敏感な人、刺激に弱い人などは、手術によって肌の状態が変わる可能性を考慮する必要かあります。
ワキの多汗症手術後稀に処置した部分が一部硬くなることもあるようです。
腕を上下に動かすトレーニングを手術後4、5日目から行うことで、皮膚を柔らかくすることができます。
手術後7日間は、アルコール摂取をしないことで、細菌感染の予防をすることができます。
多汗症の手術を受けたことで思わぬ後遺症が出てしまった時に備えて、生涯保障制度が付帯されている医療機関を使い、リスク軽減をはかるという方法もあります。
もしも手術によって多汗症の治療をするつもりであれば、信頼のできる医療機関からよく説明を受けることです。

木の飾り

サイトメニュー

木の飾り
Copyright (c) 2018 人に言えない多汗症や臭いの悩みを解決 All rights reserved.
木の飾り