木の飾り

わきが

わきがについて知りたいと考えていらっしゃる方は沢山いるのではないでしょうか。このホームページを読んでわきがについて知ってみてはいかがでしょうか。

木の飾り

わきがの手術をするとき

わきが

わきががコンプレックスで、人前に出づらいという人もいます。
わきがの手術で、症状を抑えることは、可能なのでしょうか。
手術によって、わきがのない体質になりたいと思っているという人は、たくさんいるといいます。
けれども、わきがの症状があることへの自覚症状が全くないという人は、多いようです。
夏場は、多くの人が、じっとしていても汗をかくものでしょう。
自分から発する臭いがわきがなのか、汗臭さなのかわからないという人もいます。
女性の中には、特に臭いに対して反応が顕著なこともあります。
女性の中には、わきがではないけれど、自分がわきがたど思って、病院でわきがの手術を希望してくるというケースが、意外とたくさんいるようです。
わきが体質なのか、ただ体臭がするだけなのか知りたい時には、どこで知ることができるでしょう。
クリニックに足を運び、診断をしてもらえれば間違いはないですが、家庭てできるチェック方法で、わきかがどうかを確認することもできます。
自分がわきがではないかという結論が出た場合は、一人で悩んでいるよりも、病院で見てもらった上で、今後の方針を決めるという方法がいいでしょう。
家族にわきが体質の人がいたり、耳垢が常に湿っているという人は、わきが体質な可能性があります。
遺伝によって、家族のわきがが、自分にも伝わっていることがあるようです。
臭いを他人から指摘された経験がある人や、衣類のわきの下部分に黄ばみができているかどうかも注意してみましょう。
誰かに臭いのことを言われた経験があるというなら、一度、真剣に検討してみた方がいいかもしれません。
手術を受けて、わきがの治療をしたほうが、結果的にはうまくいくこともあります。

わきが手術の種類

わきが

人によっては、手術まではしなくても、わきがの症状を改善することができたという人も少なくないようです。
わきがときっぱり縁を切りたいので、手術をして、わきがのない体質になりたいという希望を強く抱くような人もいます。
わきが手術には、色々な手法があります。
よく使われているわきが手術には、どんなものがあるでしょう。
わきがの原因であるアポクリン汗腺を切除するために皮膚を切ってメスを入れるという、剪除法という手術の方法があります。
わきが手術の定番の方法である剪除法は、治療の効果が非常に期待できる方法です。
わきがの手術には、削除法というものもあります。
切開した皮膚から器具を入れて、汗腺と皮脂腺を吸入します。
わきがの治療には、吸引法という手術も広く知られています。
吸引法では、切った皮膚から専用の道具を差し込んで、汗腺をまとめて取り除きます。
アポクリン汗腺を分解するためのレーザーをわきの下に当てるという、マイクロレーザー法もあります。
マイクロレーザー法は手術の痕跡がほとんどなく、短時間で手術を終わらせることができます。
皮膚を切開して器具を入れ、そこから超音波を発することで、汗腺を分解するという超音波法もあります。
様々なわきがの手術方法がありますが、個々の方法ごとに、利点や、欠点が存在します。
手術の方法が異なるばかりでなく、手術にかかるコストにも違いがあります。
自分が受けたいというわきがの手術があるならば、その手術のいい面だけでなく、注意点も見ておきましょう。
本当に手術を受けるのか、ほかの治療法はないのか、わきがの対処ではよく考えることです。

わきがの手術をする必要性について

もしもわきがの手術を受けるのであれば、どのような問題が発生するかもしれないか確認しましょう。
一口にわきがの手術といっても、バリエーションはたくさんあります。
手術に要する時間も短くなって、昔よりも簡単に、希望すればわきがの手術を受けることが可能です。
アポクリン汗腺というわきがの原因となる部分を取り除くには、メスで皮膚を切開する手術がおすすめです。
ですが、最近は超音波やレーザーで手術をすることが可能です。
皮膚を切る手術では、後遺症や、合併症のリスクもありますし、手術がうまくいかなった時の痛手が大きくなります。
手術を受けたら、どんなトラブルが発生しえるのかを、あらかじめ確認して、心の準備をしておくことが大事です。
手術を受けて、わきがを治療すること自体は問題はありません。
ですが、わきがの手術は自分にとって有益な効果をもたらすかは、事前にきちんと確認しておくことです。
臭いのびんぷひつ度合いなどには個人差かありますので、手術をしなければ効果が出ないとは言い切れません。
わきがは、よほど症状がきついとという時でなければ、手術意以外の方法を模索します。
わきの下にたくさんのアポクリン汗腺があり、レーザーを照射してもど、どうしても汗腺の一部が残ってしまうこともあります。
その時は効果があるように感じられてもね、レーザーや超音波でわきが治療をすると、いずれ元に戻ってしまうこともあります。
思い切って手術をした以上は、再発の危険性がない、確実性の高い手術をしたいという人が少なくありません。
手術を受ける前にカウンセリングを受けて、不明点や、質問点は聞いておく必要があります。
医者には、わきがについて診てもらい、わきがを減らすための食事改善方法などについて尋ねましょう。

切除法によるワキガ手術

手術によってワキガを解消したいと思っている人は数多いようですが、ワキガ手術とはどんなものでしょう。
切除法は、昔からワキガの手術に用いられている技法であり、歴史のある手術法といえます。
わきの下の臭いの原因である有毛部の汗腺や皮脂腺、毛根を皮膚ごと切り取る方法です。
おおよそ2から5センチの範囲内が、手術の対象範囲になります。
わきの下の皮膚は数センチ以上の幅があるので、ワキガの原因となるアポクリン腺を手術によってすべて取り除くことはなかなか難しいようです。
ワキガ手術の後の傷はかなり目立ち、ひきつれを起こすこともあるようです。
手術を受けたために、皮膚の伸びが悪くなって腕が動かしづらくなったり、神経の損傷が原因でむくみやすくなったりします。
広く浅くの手術範囲なので、治るのは一朝一夕にはいきません。
ワキガ手術の中でも切除法はいろいろとデメリットが大きい手術です。
ここまでやっても、切除法ではアポクリン汗腺の取り残しが出るとされています。
切除法によるワキガ手術は、最近ほとんど行われていない方法だといいます。
もっと簡単でデメリットの少ないワキガの手術方法が他にもあるので、最新のワキガの手術方法にはどんなものがあるのか調べてみると良いでしょう。

ワキガ手術の種類

ワキガ手術の種類としては、どういったものがあるのでしょうか。
昔は手術によるワキガ治療は元凶の部分を取り除いてしまうやり方が主流でした。
切除法というワキガの手術方法ですが、最近は再発の恐れもあることからあまり行われていません。
削除法という手術法もあります。
皮膚に切開口を開け、そこから特殊な器具を入れて臭いの原因となる組織を除去します。
器具を使って汗腺と皮脂腺を削除するのがワキガの削除法です。
手術の傷跡は少ないですが、皮膚が薄くなってしまうようです。
剪徐法というのは、皮膚を約3pほど切開してアポクリン腺を取り除くワキガの手術方法です。
剪徐法は、医師が自分の目で直接対象部位を確認しつつ、自分の手で行なう手術法のため、たいへん効果が高いと言われます。
吸引法は汗腺を脂肪吸引を行なうようなやり方で吸い取ってしまうやり方です。
アポクリン腺を目で確認しながら吸引するわけではありませんので、完全に取り除くことは難しいようです。
ワキガの最新の手術法として近ごろ注目を集めてきているのが、超音波法というやり方の手術方法です。
わきの下を数ミリ切開して、超音波を発生する器具を挿入します。
超音波で汗腺を破壊してワキガを解消するのです。
ワキガの手術方法は実に様々なものがあるので、クリニックで事前にカウンセリングを受けてから選ぶようにしましょう。

わきがの手術と注意点

わきがを治す方法としては、手術を行なうやり方以外にも吸引法や汗を出なくするなどの手段がありますが、治療の効果には個人差があるようです。
手術以外の方法として、例えばボトックス法がありますが、これは効果が長続きしないと言われています。
どうしてもわきがの気になる人は、やはり手術による治療が一番効果も高いのでおすすめです。
経験と実績のあるクリニックのもとで行なう限り、わきがの手術そのものは危険ではなく、入院も不要です。
手術して1〜2週間は傷口がふさがらないので、きちんとケアをする必要があります。
わきがの手術の後は医師の指示に従って生活することが大切です。
わきが手術の後は、傷口を覆うようにテーピングなどを使い、わきの下が濡れないように生活をすることが大事です。
傷口がふさがらなくなりますので、抜糸を済ませるまでの間は腕を上に上げるような動きは慎むべきです。
手術の後は、できるだけ安静にしていたほうが傷の治りも早いともいえます。
わきがの手術をするのであれば、できれば汗のかきにくい冬がおすすめです。
夏は汗をかきやすいため、手術後の傷口で雑菌が繁殖することになりかねません。
注意が必要です。
もし傷口に異変を感じたらすぐに手術した病院へ行き、適切に処置してもらいましょう。
傷口が化膿すると、色素が沈着し、傷痕も残りやすくなるので、わきがの手術の後はできるだけ清潔にしておくことが大切です。

切らないワキガの治療方法

最近は、メスを用いない、切らないワキガ手術が注目されています。
電気による治療や、発汗予防の薬を使う治療法などです。
神経からの信号をブロックすることでしわの治療などにも使われているボトックスは、ワキの汗を減らすことができるとされています。
ボトックスを脇の下に注入するだけで、ワキガの原因である臭いのある汗を抑える事ができるのです。
ボトックスによる治療はその場では効果を発揮しますが、しばらくすると元の状態に戻ってしまい、再手術が求められます。
インフォレーゼ法というワキガ治療は、特殊な溶液に浸したガーゼを脇の下に当てて電流を流します。
アポクリン汗腺やエクリン汗腺などを閉じてしまうワキガの治療方法です。
アポクリン汗腺に針を差し込み、通電することで細胞を破壊し、発汗を抑制するという治療法もあります。
電気分解法と呼ばれるやり方で、高周波の電気を通します。
全てのアポクリン汗腺に1つずつ針を刺し、電気を通すという、時間のかかる治療方法です。
麻酔が使えないエステなどの場合は痛みが伴うといったデメリットがあります。
お肌にメスを入れずにワキガの治療をしたいという人もいます。
治療効果が持続する期間が短かったり、痛みがともったりと手軽な分一時的な効果しかない治療方法も多くあります。
ワキガの治療を考える際には、しっかりと情報集して比較検討することをおすすめします。

木の飾り

サイトメニュー

木の飾り
Copyright (c) 2018 人に言えない多汗症や臭いの悩みを解決 All rights reserved.
木の飾り